ビートルズが瞑想を始め50年。5000年を超える伝統を持つこの瞑想法は、不協和音で満ちた脳がまるで大交響楽を奏で始めるように整い、創造性、愛にあふれ、健康が増します。一度習えば一生使えるこの瞑想は現代に正しい方法で復活した科学的で信頼のおける瞑想法です。
ブログ

歯の話

80-20運動というのがありますよね。80歳で20本の歯を残しましょうという運動です。

サンスクリット語で歯の数である32はダンタと発音します。デンタルという英語の語源ですね。

私は親知らずは4本とも抜歯して、他にも欠落しましたので、現在67歳で27本。

でも治療して詰め物を入れている歯もたくさんあります。

昭和27年生まれ、私たちの小さい頃は歯みがきの大切さをあまり教えてもらえなかったので

自慢できない歯ではありますが、34歳のころから、結構口腔衛生に気を付けるよう意識が変わってきました。

私の通う歯医者さんの待合室には、歯と体の対応表が貼ってあり、いつも興味深く見ているのですが、

数か月前から、私の右奥歯7番目にヒビか入り、神経を抜かざるをえず、泣く泣く承諾しました。

来週金属を被せて完了です。

歯と体は間違いなくつながっているのがわかります。上の対応表と、サイトで見る対応表とは少し異なるので

はっきりしたことは言えませんが、間違いなく先日から続く胸椎の痛みと背中の筋肉が張っているのは、これのせいなのだと思います。

上馬場先生からお知らせ頂いた、昨日開催の「未病を改善するアーユル・ヴェーダの智慧」には残念ながら参加できませんでしたが、

インドにはダンタシャーストラという教えが残されていて、学ぶ価値があると思います。


ハリウッド大学院大学&ジヴァ・アーユルヴェーダ第3回国際シンポジウム「未病を改善するアーユルヴェーダの智慧」(11/23)

日本で初めて明かされるアーユルヴェーダ歯科学と未病改善の関係!

長年にわたり日本のビューティー業界をけん引してきたメイ・ウシヤマ学園ハリウッド大学院大学とジヴァ・アーユルヴェーダは第3回国際シンポジウムを共催致します。タイトルは「未病を改善するアーユルヴェーダの智慧」。シンポジウムの運営はトータルメディカルビューティ・コンファンス(TMBコンファレンス)が行います。

後援 公益社団法人日印協会

ハリウッド大学院大学&ジヴァ・アーユルヴェーダ第3回国際シンポジウム「未病を改善するアーユルヴェーダの智慧」(11/23)

 

下記画像は、サイトから拝借させていただきました。

歯とからだのトリセツ

 

 

動画

動画

超越瞑想とは?短時間で深い休息が得られる超越瞑想の紹介

ザ・ビートルズを魅了した瞑想とマハリシ・マヘーシュ・ヨーギー

有名人&主婦の体験談

TMをしている有名人
PAGETOP
Copyright © マハリシ総合教育研究京都センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。