CIMG2681.JPG

「冬の京都のレジデンス」用と自家用にギーを作りました。

我が家のギー作りは、濾さないのが特徴です。

厚手の鍋に今回は、無塩バター220グラム6個溶かしました。

オール家電のコンロなら火力を調節しやすいのですが、我が家はガス。

五徳を二段に重ね、一番小さな火で、遠火でゆっくりと溶かしていきます。

CIMG2683.JPG

 バターが溶けると、下層に白濁した水分、中層に油分に分かれます。

表面に白い泡が浮いてきます。

ここまで、バターを溶かし始めてから、40分以上経過しています。

熱で熱せられ、下層の水分が蒸発して、水分層の厚さがだんだん薄くなってきます。

CIMG2684.JPG

 表面の泡をかき分けると、中層の油分(澄ましバター)がだんだん透明になってくるのがわかります。

 

ここからが、注意が必要です。

焦がしたら一巻の終わり。

目を離さないほうがよいです!

なんとも幸福な香りでキッチンが満たされます。

CIMG2686.JPG

表面にの泡を避けながら、鍋を斜めにして、横レードルでギーをすくいあげ、瓶に移します。

このように黄金色に澄んだ状態が上手にできた証拠。

アーユルヴェーダの教科書によると、正しく作ったギーは100年もつと書いてあります。

でも、水分が入っているとカビるので、冷めたら冷蔵庫にしまって 完成~ィ

 

ろ紙を使わないので、ロスが少ない(な~んちゃって)のですが、適度に水分が含んだ状態で、濾す方法も結構歩留まりが良いので、どちらがよいかは自分で決めてください。

なお、インド人は、有塩バターでも簡単にギーを作ります。完全には塩分が抜けないような気がしますが、値段が無塩バターより安いので、少量の時は、結構いいですよ!